カテゴリー
お知らせ

【メディア掲載】「まま・ここっと」にて子育て相談の記事が連載されています。

『 まま・ここっと 』群馬版・鳥取版の「働く子育て世代のモヤモヤ相談」にて、代表 雅樂川陽子が子育て世代から寄せられた相談にお答えしています。

働く子育て世代のモヤモヤ相談室

仕事も子育ても中途半端で負い目を感じます
子どもの送迎で残業ができず、園の行事や子どもの体調不良で休みがち。フルタイムのためお迎えはいつも最後になってしまいます。仕事も子育てもすべてが中途半端で、職場にも子どもにも負い目を感じています。
仕事も子育ても本当に中途半端でしょうか。フルタイムで残業をせず生産性の高い仕事をされて、お迎えが最後になったとしても人に頼まずご自分でお迎えに行く。こんなに頑張り屋さんのママでお子さんは誇らしいでしょうね。子どもがいれば、園行事があるのも体調不良になるのも当たり前です。
お子さんが働くような歳になる頃には、社会が変化し、さまざまな働き方や生活スタイルが当たり前のように認められているかもしれません。お子さんの未来に貢献しているママの今の頑張りはとても大きな存在です。
自分の頑張りを認めてください。声に出してください。「私、すごい頑張ってる、偉いよ」と。それから、仕事にも子育てにも充分向き合っていることをご自身が認めて、毎日を楽しんでください。中途半端なんかではありません。とても素晴らしいです。
DX化についていけません…
コロナ禍での産休育休、復帰したら会社のDX化が進み、システムが一新していて、ついていけません。指導していた後輩に教わる毎日です。たった1年、職場にいなかっただけで、自分の今までのキャリアがゼロになってしまったようで切ない気持ちになります。
良いチャンスでしたね。人に教えてもらう機会があったおかげで、今後先輩としてどのように指導すると良いのかを考えるきっかけになったのではないでしょうか。知らないことは知っている人に、知っていることは知らない人に、という気持ちで良いチームを築いていけると良いですね。コロナ禍での変化に戸惑った方は大勢います。キャリアはゼロになっていませんよ。今までの活躍や実績を書き出して、自分の素晴らしいところを明確にしてみてください。自身の活躍の場が見出せると思います。なんと言っても、人間を生み出したという経験は地球規模での貢献であり素晴らしいものです。初めての出産や子育てに比べたら、案外戸惑うことはないのかもしれませんよ。
バリバリ働きたいと思わないのですが…
社内には子育てと仕事を両立し、バリバリ働いている先輩もいて、「すごいな」と思うものの、同じように目指せないことにモヤモヤしています。仕事は好きですが、そこまでキャリアを極めたいと思えません。ゆるく、長く、そこそこの役職のまま働き続けるのはいけないことでしょうか?
キャリアは人と比べるよりも自分がどのようなキャリアを歩みたいのかを大切にされると良いと思います。相談者さんが言うような、「ゆるく、長く、そこそこの役職」でい続けるのは容易なことではありません。ご自分の努力が欠かせません。もっと優秀な方が現れるかもしれませんし、その役職が不要になるかもしれません。いずれにせよ、現在その役職に就いているだけでもすごいことです。今後、「自分がどうしたいのか」「自分が望む仕事ができているのか」に集中して、仕事に取り組んでみるのも一つの方法だと思います。キャリアにおいては自己責任ですので、こうしなければいけないというものはないと思います。

「まま・ここっと」とは?

幼稚園・保育園(保育所)に配布している、地域で子育てをもっと楽しむための情報を発信する情報誌。
発行エリア:群馬・岐阜・札幌・函館
発行スケジュール:季刊(春・夏・秋・冬の年4回発行)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA